生活衛生営業指導センターとは

生活衛生営業指導センターとは

生活衛生営業指導センターとは

1.生活衛生関係営業の運営の適正化及び振興に関する法律(呼称「生衛法」)に基づいて、各都道府県に一つずつ設立された機関です。
2.公益財団組織で、生活衛生営業の専門指導機関として、知事が指定したものです。
3.生活衛生営業の経営の健全化と衛生水準の維持向上を図るとともに、消費者や利用者の利益を守ることを目的に設立されたものです。
生営業とは理容業・美容業・クリーニング業・公衆浴場業・興行場営業・飲食店営業(めん類)・食肉販売業・旅館業・飲食店営業(中華料理)・飲食店営業(社交飲食業)・飲食店営業(飲食業)・飲食店営業(鮨商)の12の団体が県内では組織されております。

生活衛生営業指導センターの概要

設立根拠 ・民法第34条(公益法人の設立)
・生活衛生営業の運営の適正化及び振興に関する法律第57条の3(指定等)
設立年月日 ・昭和56年12月設立
・平成25年4月公益財団法人に移行
所在地 ・群馬県前橋市紅雲町1-7-12 群馬県住宅供給公社ビル4階
基本財産 ・金 5,000,000円
・内訳 生活衛生同業組合出捐金 2,700,000円
     群馬県出捐金 2,300,000円 
役員 ・理事  14名(うち理事長1名、副理事長2名、専務理事1名)
・監事   2名
評議員 ・評議員  14名
職員配置 ・専務理事  1名(経営指導員・事務局長を兼ねる)
・経営指導員 2名
・事務職員  1名